お電話での予約・お問い合わせはこちら

076-276-5501
診療時間
月~水・金 9:00~18:00
木・土   9:00~12:30

裂肛(切れ痔)の治療・手術

裂肛とは一般的に切れ痔と言われている病気です。その原因は固い便が排出されたときに生じる場合と、血液量の少ない肛門後方の上皮の虚血によって生じる場合などが報告されています。急性期には肛門の痛みをとるために消炎鎮痛剤や軟膏を使用します。合わせて緩下剤を使用する場合もあります。ほとんどが緩下剤と軟膏の使用で改善しますが、慢性化した場合や肛門が狭くなると手術が必要です。当院では判断基準として軟膏を使用しても再発する場合、肛門が狭くなっている場合としています。基本的には仙骨硬膜外麻酔下にSSG法(肛門狭窄形成手術)を選択いたしますが、肛門内圧が高いと判断した場合は用手肛門拡張術を選択する場合もあります。やむおえず括約筋を一部切離する際も最小限にとどめていますので、術後の便失禁などで悩む方はほとんどいません。

 

用手肛門拡張術

裂肛を繰り返している患者さんで、わずかに肛門狭窄をみとめるもその原因が括約筋のspasmであると考えられる方が適応です。

 

LSIS lateral subcutaneus internal sphincterotomy

側方で内括約筋を切開し、肛門の攣縮を抑制し肛門管の進展を取り戻す術式です。

 

肛門狭窄形成手術(皮膚弁移動術)

慢性的に裂肛を繰り返す患者さんで、症状が進んだため、ある程度肛門狭窄をきたした方に適応となります。肛門潰瘍と周辺の肛門ポリープやSKIN TAGをあわせて切除します。露出した内肛門括約筋に少しずつ切開を加えて少しずつ肛門を広げます。その後皮膚と直腸粘膜を縫合します。皮膚弁を形成し手術を終了いたします。

肛門周囲膿瘍・痔瘻の治療・手術

痔瘻の根治を目指して

痔瘻を根治するには、自然に閉じることが期待できない細菌の入り口の原発口を処理することが必要です。同時に筋間に存在する原発巣の処理も必要です。原発口、原発巣を確実に処理することができたならば、枝である瘻管が自然にかれてゆくことが期待できます。痔瘻は痔核に次いで頻度の高い肛門疾患であり、手術適応となることが多いです。痔瘻のタイプを診断・分類し適切な治療を行うことは難しいこともしばしばあります。当院では超音波検査などを用いて正確な診断ができるよう努めています。術式に関してはLay-Open法もしくはシートン法あるいはその組み合わせで行います。麻酔は仙骨硬膜外麻酔・静脈麻酔・局所麻酔の組み合わせでおこないます。

 

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍と診断し、腫脹・疼痛が激しい場合は、基礎疾患の有無、抗血栓薬などの服用の有無にかかわらず、速やかに切開排膿、ドレナージを行うことが原則です。エコーにて内腔を確認し切開を加え膿を排出いたします。軽度の場合は抗生剤投与にて加療します。必要性があればシートンドレナージを追加いたします。膿瘍の半数以上は根治手術を要する痔瘻に移行することを考えて治療に行います。

 

シートン法

病変は肛門括約筋層に関連するため、括約筋のダメージは大なり小なり不可避です。痔瘻の瘻管にゴムを入れて置き、徐々に緊縛を強くしていくと瘻管は少しずつ破壊されきれいな傷として治癒します。当院では複雑痔瘻に関してはそのほとんどにシートン法を用いています。1)

 

Lay-Open法

痔瘻の手術の基本は括約筋の温存と根治を目指す術式の選択です。低位筋間痔瘻などでは瘻管を切開・開放し根治に至る術式をおこないます。

1)松島 誠:痔核・痔瘻・裂肛の診断と治療② 痔瘻. 臨外 2015;70 : 162-168 

大腸内視鏡

便潜血陽性の方や出血にて来院された方に大腸の内視鏡を行っています。大腸癌が増加している今、定期的な大腸カメラをおこなうことで患者さんの安全が確保できると考えます。予約制となりますのでご了承をおねがいします。費用は生検やポリープ切除をしない場合で、健康保険本人負担3割 およそ6000円です。内視鏡挿入技術の進歩により、一部の例外を除きおよそ10分以内で検査を行うことが可能となっています。検査を行う際は軽い麻酔を併用し、リラックスした状態で検査ができるように心がけています。ポリープがある場合、必要性があればその場で切除します。また癌を疑う病変に対しては、本人とご相談し提携医療機関にご紹介いたします。

 

大腸内視鏡の適応

便潜血陽性, 体重減少, 便秘, 大腸ポリープ, 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)

全大腸内視鏡は身体への負担のある検査であり、当院は入院ベッドのない無床診療所であることを鑑み、当院通院歴のない75歳以上の方はかかりつけ医にご相談してくださるようお願いしております。

 

感染症

当院ではすべての内視鏡検査において、高レベルの消毒薬を用い、内視鏡洗浄機の洗浄を行い最大限の滅菌消毒を行うことで、内視鏡による感染症を予防しております。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

076-276-5501

診療時間:
 月~水・金 9:00~12:30 14:00~18:00

 木・土   9:00~12:30

休診日:
 木曜・土曜午後・日曜・祝日・年末年始